団体概要・規約

our information

コミスポたきのがわ

趣意書

社会を取り巻く生活環境の変化により、地域コミュニティの希薄化が大きな社会問題として取り上げられ、集う機会の減少による連帯意識・社会性の低下、運動をする機会の減少等による体力の低下などの諸問題を引き起こしていると考えられています。文部科学省では、それらの問題を解決する一つの方策として、誰でも、いつでも、気軽にスポーツに親しむことのできる「総合型地域スポーツクラブ」の育成を推進しています。

北区において、平成23年に実施した「スポーツに関する北区民アンケート調査」では、働く世代の運動不足が男女ともに顕著に表れており、特に滝野川東地区・西地区が最も低い結果となっていました。この問題を解決するための手段は決して一つではありませんが、私たちは地域の力で多世代にわたったコミュニケーションとスポーツの普及がこれらの問題を解決する一つの糸口になると考えます。そこで、滝野川地域に誰でも気軽にスポーツと文化活動に参加でき、仲間とふれあいながら健康・生きがいづくりに励むことができる「総合型地域スポーツクラブ」が実現出来ないかと、平成24年より準備を進め、この度、総合型地域コミニティ&スポーツクラブ「コミスポたきのがわ」を平成30年1月に設立する運びとなりました。

「コミスポたきのがわ」は、子どもから高齢者多世代の人々が気軽に楽しく活動できる多様なスポーツ・健康づくりの場を地域の住民に提供し、地域住民の健康増進と地域間のコミュニケーションを図ることを目的に次の事業を行います。なお、活動にあたっては、新たな団体として独自に活動するのではなく、既存のスポーツ団体や文化団体・学校・各種団体等と連携を図り相互に協力し、地域が健康で活気あふれる明るい街となるよう貢献致します。

 

(1)定期的な日常スポーツ・文化活動の開催

(2)会員の親睦を図るためにイベントの開催

(3)健康・体力増進を目指した体力テスト等の開催

(4)競技能力の向上及び競技力向上を目指すスクールの開催

(5)ニーズやレベル、多世代で各競技種目を楽しめるサークルの開催(6)他機関・団体等の主催する大会等への参加

(7)地域住民のスポーツ稼働に関する支援

(8) その他、クラブの目的達成に必要な事業

平成30年1月20日

総合型地域コミニティ&スポーツクラブ

「コミスポたきのがわ」

理事長 大竹秀樹

コミスポたきのがわ
規約

​​こちらをクリックしてください

役員名簿
(令和3年6月27日~)

理事長     大竹 秀樹

副理事長    仲本  治

事務局長    谷井 亮平

クラブマネージャー 井上 一真

事業部長    井上 一真

広報部長    大竹 秀樹

監事      今村 英夫

同       村上 和章

顧問      加藤 和宜

同       丸山 良男

同       前田 ゆきお

同       宮島  修